« BPNote 1.0.3リリースしました | トップページ | BPNote 1.0.4申請しました »

2009年12月 6日 (日)

ミネルバにさわってきた

ミネルバとは、小惑星探査機はやぶさに搭載されていて、小惑星イトカワに着陸する予定だった着陸探査機のことです。

今回、東京国際フォーラムで開催されていた「宙(そら)博2009」というイベントで、エンジニアリングモデルが公開されるということで、見に行ってきました。
http://www.sorahaku.jp/index.html

「宙博2009」は、日本の宇宙研究・開発の展示に科学イベントを合わせたような感じで子どもたちは超伝導の実験にかぶりつきで、お父さんたちはH-IIBロケットの解説(製造から打ち上げまで)ビデオに釘付けでした。
実際に研究に関わっている人たちが、来場者の目の前で(子どもたちに囲まれて)解説や、質問の回答などをしていて、ただの一方的な展示にならずに面白いと思いました。

で、ミネルバですが、こんな感じでした。

R0010784

ミネルバのエンジニアリングモデル

「持ってみていいですか?」と恐る恐る聞いてみると「いいですよ」とお返事をいただいたので、遠慮なく触らせて頂きました。
形状は直径100mmぐらいの16角柱で、重さが600g弱。一眼デジカメぐらいの大きさ・重さのものが、今も宇宙空間を漂っていると思うと、感慨もひとしおな感じでした。

あ、はやぶさやミネルバの展示は、子どもたちには人気がなかったです。残念。

|

« BPNote 1.0.3リリースしました | トップページ | BPNote 1.0.4申請しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミネルバにさわってきた:

« BPNote 1.0.3リリースしました | トップページ | BPNote 1.0.4申請しました »